花粉症 薬

MENU

花粉症 薬

花粉症の症状が出たら治療を行いますが、薬による治療はどうするのでしょうか。

 

まず、最初にやるのが、「これ以上花粉症が悪化しないようにすること」。

 

いわゆる症状に対する対症療法ですね。

 

この時に使う薬ですが、一般的に以下の薬が使われます。

 

@ヒスタミンH1拮抗薬

 

Aメディエーター遊離抑制薬

 

B副腎皮質ステロイド

 

・・・等。

 

当然医師の診断を受け、処方される処方薬です。

抗アレルギー薬

抗アレルギー薬には、

 

@ヒスタミンH1拮抗薬

 

Aメディエーター遊離抑制薬

 

があります。

 

さて、@のヒスタミンH1拮抗薬は、ヒスタミンという化学伝達物質が出て、実際かゆみが起こった時に処方される処方薬です。

 

ヒスタミンは、アレルゲンと結膜(目)に着くと、できる化学伝達物質です。かゆみの原因になります。

 

Aのメディエーター遊離抑制薬は、今度はヒスタミンをできるだけ作らないようにする薬です。効果が上がるまで二週間くらいかかるので、花粉が本格的に飛ぶ二週間くらいまでに点眼を始めるものとされています。

 

副腎皮質ステロイド薬

副腎皮質ステロイド薬は、有名ですね。効果も強力でよく知られています。

 

このステロイド薬は、花粉症ばかりでなく、色んな病気に使われています。

 

アトピーとか、気管支喘息とか、リウマチとか。。

 

でも、副作用が半端無いので、長い時間使うのはムリかも、です。

 

しかも、副作用も強力で、ヘタしたら花粉症よりひどい病気になるかもしれません。

 

気を付けなくてはいけないそうですよ。(ま、薬はなんでも注意しなければいけませんが。。)

花粉症 薬関連ページ

花粉症の原因
花粉症の原因についてまとめてみました。
花粉症 症状
花粉症の症状を簡単にまとめています。もしや?と思ったら病院に行こう。
アレルギー検査
花粉症のアレルギー検査に行ってきました。陽性でした。