花粉症の原因

MENU

花粉症の原因

花粉症の原因は、いろんな植物の花粉に対して、体が起こすアレルギー反応です。

 

一番影響がある花粉は、杉&ひのき。

 

でも、すぐに花粉症になるかというとそうではありません。

 

花粉が体内に入る⇒体は異物に抵抗するためIgE抗体を作り始めます。

 

この抗体が増え、一定量を超えると化学物質を放出、花粉症の症状となって表れてきます。

 

目のかゆみ、鼻水、くしゃみがとまらないなどの症状です。

 

最近の多くは伸び放題の杉から。

 

杉から大量の花粉がでて花粉症患者が増えると言われているのですね。

 

そしてこのIgE(アイジーイー)抗体をたくさん作る体質の方をアレルギー体質とか、アトピー体質とか呼ばれているんです。

ヒスタミン

ヒスタミンは化学伝達物質のこと。

 

やっかいなことに、このヒスタミンは、IeG抗体とアレルゲン(花粉症の場合は花粉)が反応してヒスタミンができるとアレルギー症状が出るのです。

 

ヒスタミンはほうぼうで悪さをします。目は、結膜の神経に作用しかゆみを誘い、血管に作用し、白血球を血管の外にだすそうですね。で、この白血球が、まぶたの腫れなどを起こすんだソウです。

 

この悪さをするヒスタミン、当然アレルギー体質の方にはものすごい症状を出すそうです。体質をお持ちの方はちょっとかわいそうです。

花粉症の原因関連ページ

花粉症 薬
花粉症の薬の治療の方法をわかりやすくまとめてみました。
花粉症 症状
花粉症の症状を簡単にまとめています。もしや?と思ったら病院に行こう。
アレルギー検査
花粉症のアレルギー検査に行ってきました。陽性でした。